bad-jr

バドミントンを上達させたいからといって、子供に大人と同じような練習をさせても効果
が出ない
ことは決して珍しくありません。

練習への心構えが間違っているとか、自主性が足りない上に、何かと楽をしたがるという
具合に精神的な問題ばかりが取り上げられがちですが、安易に邪険に扱ってレッテル貼り
をしたところで、発奮してヤル気を出すというよりは逆に見下されるだけで逆効果です。

ヤル気のないやつは出て行け
で済めば良いのですが、全体的にレベルが上がらない状況が続くとモチベーション以前の
問題があると言わざるを得ません。

実力を底上げするために必要な練習やモチベーションを維持するための仕掛け作りなどを
考える必要が出てきます。

そこで役立つのが、バドミントン・ジュニア選手育成プログラムです。

青森市にある浪岡ジュニアバドミントンクラブの奈良岡浩代表が日頃の練習で行っている
内容メニューや、小学生がバドミントンで上達するためのポイントをまとめたDVDです。

浪岡ジュニアバドミントンクラブ1日2時間、週3日しか全体練習を行っていないのにも
関わらず、全国大会で優勝する選手を次々と輩出する強豪チーム
で知られています。

全体練習が少ないだけで自主練習を延々とやっているだけじゃないのかと思ったかもしれ
ませんが、やみくもに練習量だけを増やしたところで上達するとは限りませんし、着実に
疲労は蓄積していきますから、大人と比べて許容範囲に余裕があるとは言っても、限界を
超えると身体が壊れていきます。

このため、限られた練習時間で効率良く上達できるよう、さまざまな工夫をしています。

非効率な練習を長時間続けるよりも、上達に直結する練習を行って、知識を身につければ
いいわけで、バドミントン・ジュニア選手育成プログラムでも詳しく解説しています。

【続きを開く】