doracon

あなたはドライバーで最大何ヤードまで飛ばせますか?

アマチュアゴルファーの平均的な最大飛距離としては、男性230ヤード、女性175ヤード
と言われていますから、日常的にベストショットができるわけではないと考えた場合には
本当のドライバー平均飛距離は男性で170ヤード、女性で150ヤード前後といったところ
でしょうか。

男性の場合、平均的に200ヤードが飛ばせれば上出来でしょう。

ドラコン選手として知られる安楽拓也プロは、公式最長飛距離で404ヤードという記録を
残していますが、一時期はどうしても超えられない大きな壁に阻まれていたといいます。

それを突破する時に用いたのが「マン振り」だといったら驚くかもしれません。
ボールがどこに飛ぼうがお構いなしに、力いっぱいにクラブを振るというスイングです。

マン振りをすればヘッドスピードは大幅に上がりますから、ボールに適切に当たれば遠く
まで飛ばすことができますが、コントロールは二の次ですから見事な空振りをすることも
珍しくありませんし、中途半端にボールにあたっておかしな方向に飛んで行くことも多い
ものです。

もちろん、マン振りを続けたところでスイングが安定化することもありませんから、全く
無駄な練習として切り捨てられることが多いのですが、今まで経験したことがないヘッド
スピードの感覚に慣れるという点では大きなメリットがある
のです。

マン振りをして速いヘッドスピードの感覚になれた後に、普段のスイングに戻して練習を
すると非常に遅く感じられるだけでなく、今までヘッドスピードをあげようと努力しても
なかなか上昇しなかったものでも、意外に簡単に上がる場合が珍しくない
のです。

良い意味で「体が慣れた」といえるのかもしれません。

しかし、やり方を間違えるとスイング自体が乱れてしまいますので注意が必要です。

【続きを開く】