softball

ソフトボールだけに限った話ではありませんが、ろくに練習をしなくても上達できるなど
と考えるのは間違いです。

その一方、練習量を増やせば必ずしも上達できるとも限らないのが難しい点です。

負荷をかけて体を強くするのと、とりあえずオーバーワークを続けるのとでは大きな違い
がある
からです。

練習メニューが悪ければ、上達できないだけでなく、身体への負担が大きくなるばかりで
怪我や身体故障の原因にもなりかねないからです。

そこで、元ソフトボール日本代表選手として活躍し、今は東京女子体育大学講師でソフト
ボール部監督を務める佐藤理恵さんは、以下の3つのポイントを意識しながら練習すれば
いいとアドバイスをします。

  • 身体の使い方を理解する
  • 良い例を理解する
  • うまくいかない場合の解決策を知る

しかし、これだけだと具体的に日々の練習において何をすれば良いのか具体的にイメージ
できないでしょうし、上達するのは無理な話でしょう。

そこで、無理なトレーニングで体を壊すこともなければ、自己流で上達できないといった
悩みを解消できるよう、佐藤さんが「ソフトボール上達革命」というDVD動画マニュアル
を作成しました。

バッティング、守備、走塁と、ピッチャー以外で求められる要素を一通り網羅しています
し、連携プレイやチームプレイは別途、身に付ける必要があるとしても、個人のスキルを
高めるために必要な練習ができるようになります。

体を壊さず飛躍的に効果が出せるトレーニングができるだけでなく、上達するために必要
な正しい知識を身につけられますので、サボるという意味ではなく、身体に無理な負荷を
かけないという点において、少ない練習量でも上達できるようになるというわけです。

【続きを開く】