caremanraku

ケアマネ試験に合格するまでに必要な時間として、一般的には介護福祉士などの資格を
持っている前提で350時間~500時間程度が必要などと言われています。

このため、多忙な実務の合間に勉強すると言っても、なかなかはかどらないのではない
でしょうか?

2018年の介護支援専門員実務研修受講試験から受験資格が更に厳しくなりますから、
今回は受験ができても2018年以降は受験できなくなるというケースも出てきます。
早いうちに合格しておきたいですよね。

そこで役立つのが「ケアマネらくらく合格勉強法」です。

350時間どころか、1日2時間程度の時間が確保できれば1ヶ月で合格できるといいます。
単純計算で60時間程度ですから、とてもじゃないが信じられないという所でしょうか。

しかし、「ケアマネらくらく合格勉強法」の作者でケアマネージャーの三島茂人さんは
ケアマネ試験向けの問題集が1冊あれば、標準テキストや参考書などがなくても全く問題
ない上に、これまでの実績では87%が合格しているというのです。

さらに、出題頻度が高いのにも関わらず、なかなか覚えられない項目を、一問一答形式で
学べる付属CDを活用することで合格率が更に高まったといいます。

どのようにして問題集1冊だけでケアマネ試験の合格ラインを越えるのでしょうか?
付属CDを活用するのはもちろんのこと、問題集の使い方に特徴があります。

  • 出るところだけに的を絞って徹底的に勉強する
  • 記憶のメカニズムにあった方法で記憶に確実に定着させる

という2点を愚直に実践するだけだからです。

ケアマネ試験は、入試とは違って満点を取らなければ合格できる試験ではありませんから
合格ラインを超えるための勉強ができれば十分なのです。

【続きを開く】