sourui

走塁テクニックを身に付ける必要があるのは、足が速い野球選手だけであって、足が遅い
段階では、小手先のテクニックだけでごまかそうとするよりも、今より速く走れるように
足腰を鍛えるほうが先
だと思っていませんか?

もちろん、野球選手としては足が遅いよりも速いほうがいいことは言うまでもありません
が、走塁テクニックを知らなくても良いというのは暴論に近い発言と言えるでしょう。

というのも、脚が遅い選手だからこそ、走塁テクニックを身に付けることで走攻守ともに
大幅な改善が期待できる
からだと指摘をするのは、MAXベースボールスクールで野球少年
を指導している元プロ野球選手の屋鋪要さんです。

内野ゴロを打っても、今まではアウトだったものが内野安打になったり、ランナーがいた
時はゲッツーになるのを阻止して次の打者につなげるといった具合に、マイナスの影響を
最小限に抑える効果が期待できますし、シングルヒットをツーベースにするなどチャンス
を広げる効果も得られます。

もちろん、ピッチャーやキャッチャーによりますが、盗塁も狙えるようになります。

しかし、攻撃を有利にするための走塁テクニックを学べる機会というのは、特に少年野球
の世界においては意外に少ない
ものです。

一部の強豪チームを除けば、指導者を確保するだけでも大変というチーム事情があります
し、その指導者自身も選手時代に身につけた古い知識が今でも通用すると思って指導する
ケースが少なくありませんから、現代野球では通用しない残念な結果になるわけです。

そこで、屋鋪さんが現代野球で通用する走塁テクニックを、少年野球選手でも理解できる
ように分かりやすく解説した「走塁革命」という動画マニュアルを作成しました。

【続きを開く】