gyoshoura

行政書士試験で合格するためには、民法と行政法、一般知識で合格ラインを超えれば良い
とアドバイスするのは、マンツーマンレッスンで行政書士試験対策法を教えているという
寺本考志さんです。

しかし、民法の条文を覚えて、行政法の勉強を始めた頃には、すでに民法のことは相当量
忘れているでしょうから、行政法の勉強をしながら民法の復習などとやっていると、全く
先に進まないことにイラダチを感じるのではないでしょうか。

もっと勉強時間があれば合格できるのに
と思ったり、
もっと効率良く勉強できる方法があれば
などと考えたことも何度もあるでしょうし、記憶術や暗記術などを実践しても全く効果が
なく挫折した経験もあるかもしれません。

寺本さんは、このような手間が変わればゼロから勉強し直すといった暗記中心の方法では
なく、一つのことが分かれば、その他のことにも応用が効くようになって、次々と知識が
広がっていくという本質的な部分を学ぶ必要がある
と指摘します。

言い方を変えると、「試験官の頭」をあなたの頭の中にインストールして、試験官が問題
で要求する基準・視点に合わせた解答ができるようになれれば、どのような問題が出ても
正解できるようになるし、合格ラインを超えることも可能になるというわけです。

この「試験官の頭」を寺本さんから直接学びたいというのであれば、個別にアプローチを
してもらえればいいわけですが、大阪近辺の喫茶店で受講する形になりますし、対面での
受講のみとなりますので、都合がつかないという人もいるでしょう。

あなたが寺本さんと対面で学ぶ機会を確保するのが難しいというのであれば、「行政書士
試験 裏の取れた合格設計書
」というマニュアルが役立ちます。

書いてあるとおりに実践すれば、次回の行政書士試験で合格できると寺本さんは断言して
います。

【続きを開く】