grubmanagement

野球で欠かせない道具の一つがグラブ・グローブです。

その中でもキャッチャーやファーストが使う独自の形をしたグラブのことをミットという
のは改めて説明するまでもないとしても、グラブの形によって野球の上達スピードに差が
出る
ことがあるといったら驚くかもしれません。

グラブインストラクターとして知られる梅原伸宏さんは、グラブを立てて簡単にひっくり
返るような形になっていると、ボールを捕球しづらいだけでなく上達を妨げる結果になり
かねない
と指摘しますが、どうしてでしょうか?

その原因として梅原さんがあげているのが、守備でグラブを使ってボールをつかむ動きに
おいて重要や役割を果たす、親指・薬指・小指という3本の指がスムーズに動かせない
いう点です。

親指、薬指、小指を使わずにボールをつかもうと思っても、グラブからボールをこぼして
しまうケースが多いことから、練習量を増やしても守備が上達しないというわけです。

グラブを立ててもひっくり返らないような形になっていれば、この3本の指がスムーズに
動かせますからボールがグラブからこぼれ落ちることもなく、スムーズに捕球できます。

その他にも、ちょっとした悪い癖によってグラブが不適切な状態になっていると、守備が
安定しなくなるケースは珍しくないと梅原さんは指摘します。

もちろん、逆に言えば、グラブを適切な形にしておけば、捕球などがスムーズに行えます
から送球も早くなりますし、エラーや守備のミスが減ればピッチャーにとっても精神的に
楽になりますから、トータルでの失点も大幅に減らせるというわけです。

この適切なグラブの形を保つための方法や注意点をまとめたのが「グラブマネジメント
です。

捕球と送球のレベルを短期間で一気にあげることができます。

【続きを開く】