shuwa2

手話を独学で学ぼうとした場合、入門レベルの内容を紹介した書籍やWebサイトは比較的
多いのに対して、一通り基礎的な内容を学んだら、あとは実践を重ねて上達すればいいと
いわんばかりに、脱初心者を目指すための教材を探すのは難しくなります。

あなたも実感しているのではないでしょうか。

そこで、手話教室や手話サークルで手話のトレーニングをしようと思っても、普通に手話
で会話をしているスピードは非常に速いこともあって、いつも相手に待ってもらっている
状況になりやすいものです。

それに懲りずに上達できれば全く問題ありませんが、なかなか上達できずに手話の上達を
諦めてしまう人も少なくない
と指摘をするのは、手話通訳士の谷千春さんです。

せっかく、基本的な手話のルールや単語などは身につけたのにも関わらず、そこで上達が
止まってしまうというのは非常にもったいない話です。

そこで役立つのが、谷さんが作成した「ワンステップ手話講座2」です。
ワンステップ手話講座2では、以下の3段階のステップでレッスンを進めていきます。

  • 日常的に使う手話の単語を表現する
  • その単語の成り立ちや語源を理解して丸暗記よりも効率良く身に付ける
  • その単語が入った文章を手話で表現して慣れる

この種類の動画教材では、「差別」などと言われることを避けるために健常者同士が手話
をするケースが多いのですが、どうしても実際に聴力障害者と手話で会話をする時と比較
して明らかに異なる場合が少なくありません。

このため、「ワンステップ手話講座2」では難聴者2名がモデルとなって、講師の谷さんと
いっしょに講座を進めていくという形をとることで、より実践的な内容となっています。

決して、難聴者を道化役として出演させているわけではありません。

【続きを開く】