seimitu

精密採点で何点以下が音痴なのかは明確な基準はありません。
一般的には80点台が基準と言われていますが、機種によっても変わってきます。

さすがに30点や50点というレベルだと誰もが認める音痴ですが、70点台でも音痴な人
が多い一方、上手に聞こえる歌い方をする人もいるというレベルになってきます。

逆に言えば、90点以上を取っても、それほど上手に思えない人も居ますが、少なくとも
音痴と呼ばれることはありません。

このため、あなたが精密採点の点数で一喜一憂する必要はないとはいっても、明らかに
低い点数しか取れないというのであれば、安定的に90点以上を取れるようにしたほうが
いい
でしょう。

音痴を解消して精密採点で高得点を取るためには何をすればいいのでしょうか?

音痴解消のためのボイストレーニングを行って、歌いやすい曲を選んで練習するという
のが一般的な方法ですが、正しいトレーニング法を実践しない限りは時間を無駄にして
いるだけ
だと指摘をするのは「でんでん」こと余田康汰さんです。

正しい方法を実践すれば、1日1時間のトレーニングを1ヶ月続けるだけでも精密採点で
90点を取るのは簡単だと余田さんはいいます。

まず、「音痴」と一口に言っても、さまざまな種類が存在します。

音痴の種類が異なれば解消法も変える必要がありますから、とりあえず一通りといった
練習を続けている限りは、上達できないのも当然です。
音痴の原因となる弱点をどんどん潰していかないと上達するのは無理な話ですし、音程
正確率を上げるためには正しい音感を身に付ける必要があります。

そこで、精密採点90点超え量産プログラムでは、あなたが音痴になっている根本原因を
特定した上で、効率良く問題点を潰して上達するだけでなく、音域を広げるための工夫
も学ぶことが出来ます。

精密採点で90点を超えるだけであれば音域を広げる必要はありませんが、上手に歌うの
には欠かせない要素であって、そこまで含めて、1ヶ月間なのです。

【続きを開く】