careman

「東大式記憶術」ケアマネ試験一発合格脳プログラムは、その名の通り「東大式記憶術
を用いてケアマネ試験で合格するために必要な知識を身につけていくわけですが、当然の
ことながら東大生レベルの頭の良い人しか実践できない方法ではありません。

「東大式記憶術」の提唱者が、東大卒の浅田哲臣さんというだけであって、この記憶術は
人間が情報を「記憶」するプロセスにもとづいて無理するなく覚えられるよう工夫された
方法ですから、誰でも実践できるだけでなく、短時間で効果を発揮できます。

この記憶のプロセスというのは、インプットとアウトプットを繰り返すというシンプルな
ものですが、インプット作業として行うにあたって試験勉強で一般的な「書く」ではなく
音を聞いて、文字を読むという作業のほうが効率的だと浅田さんは言います。

その後、アウトプットとして行うにあたって効果的なのは「問題を解く」という作業です
が、1回だけでは意味がなく、それこそ覚えるまで何度でも繰り返す必要があります。

しかし、実務が忙しいために問題を解く時間を確保するのが難しいとか、空き時間などに
問題集を見ようと思って持ち歩くのも意外に負担になるものです。

そこで、東大式記憶術ケアマネ試験一発合格脳プログラムはスマホ1台あればインプット
とアウトプットの両方を一度に行うことが可能
です。

mp3ファイルをスマホに入れてミュージックプレイヤーで聞けばインプットができますし
同時に活用すると効果的なテキストもPDFファイルで用意されていますので、スマホから
見ればいいわけです。

アウトプットは、東大式記憶術ケアマネ試験一発合格脳プログラム専用のスマホアプリが
用意されており、数分程度の空き時間でも問題が解けますから非常に効率的に学べます。

何かわからない点があればメールサポートが用意されていますので安心です。

まともな答えが期待できないアルバイトなどではなく、現役ケアマネや居宅管理者、講師
などによって構成されているケアマネ試験アドバイザーがサポートを行いますので、安心
して取り組むことが出来ます。

【続きを開く】