rugbykick

ラグビーの試合に勝つためには、チームプレイはもちろんのこと、選手個人の能力を
高める必要がありますが、その中で重要なポイントの一つが「キック」だと指摘する
のは、ラグビー日本代表の栗原徹コーチです。

一口にキックと言っても、ラグビーにおいては

  • グラバーキック
  • パント
  • スクリューキック

などがある上、適材適所で使い分ける必要がありますし、プレースキックやドロップ
ゴールなどで着実に得点を積み重ねることができるかどうかで試合展開が変わること
も珍しくありません。

しかし、ラグビーのキック練習が適切に行われているチームは少数派だと栗原さんは
指摘します。

多くのチームで行われているキック練習としては、何度もキックを繰り返して楕円の
ラグビーボールをヒットする感覚を身につけたり、蹴る位置を変えてボールの飛び方
や転がり方などを体で覚えるといった方法が一般的です。

反復練習によって狙ったところにボールを蹴るコツを身につけるのが目的というわけ
ですが、すべてが無駄とは言わないまでも、間違った練習である可能性が高いと栗原
さんは警告しています。

キックの威力を増すために行う事が多い、太ももを中心とした足腰を鍛える筋トレも
同様に問題点だらけだと言ったら驚くかもしれません。

キックの威力だけでなく、精度とスピードが伴わなければ効果がないからです。

栗原さんは、ラグビーの試合で活かせるキックをするために必要な要素は以下の2点
だといいます。

  • 体重移動
  • 上体操作

これらは反復練習で感覚的に身に付けるというのは難しく、体系だったトレーニング
を行って身につけない限り、よほどのセンスが無ければ、マスターするのは無理だと
指摘します。

この体系だったキックトレーニングが行えるように、栗原さんは「ラグビー・キック
上達革命
」というDVD動画教材を作成しました。

「ラグビー・キック上達革命」がどのような内容なのか、以下のダイジェスト版動画
で確認して下さい。

【続きを開く】