kazudance

ストリートダンスと言っても、ロッキングやブレイキング、ポッピングやヒップホップ、
ハウスが主要5ジャンルと説明する人もいれば、オールド・スクール、ミドル・スクール、
ニュー・スクールという3種類にわけて説明する人も居たりとバラバラです。

その上、内容面を統一しようという考えもないことから、ある程度の概念としてストリート
ダンスは位置づけられていますが、人によって具体的なイメージが違っていることも珍しく
無いという状況です。

このあたりの大らかさも、ストリートダンスならではといったところでしょうか。

さて、ストリートダンスでブレイキンやヒップホップなど、どのようなダンスを行うにして
も、ダンスをするにあたっての体の姿勢(精神的な考え方や取り組み方などの意識ではなく
文字通りの体の向きや形)であったり、手足や腕などの動かし方、歩き方やリズムなど共通
するポイントはいくつも存在
します。

この基本的な体の動きができているかどうかで、実際にストリートダンスをする際の動きが
全くといっていいほどに変わってきますし、体がかたいために動きづらくなっている箇所を
無理に大きく動かして痛みを感じたり、筋肉や関節などの炎症や疲労骨折などを引き起こす
といったケースは決して少なくありません。

実際に将来有望だったダンサーが無理な練習で故障しやすい身体になってしまい、練習する
できなくなって挫折に追い込まれたというケースはいくつもあります。

そこで、本格的にストリートダンスに取り組むにあたって必要となる肉体を作り上げるため
に必要な練習方法を、スーパーダンサー養成講師のKAZUさんがDVDにまとめました。

それが「KAZUのダンス必修可」ですが、約4時間の動画を見るだけでも今までと比べると
動きが全く変わることを実感できます。

【続きを開く】