kagaku

>>公開は終了しました<<

社会福祉士国家試験は試験範囲が広いこともあって、とにかく一つでも多くの知識を身に
つけないと合格出来ないといったイメージを持っていませんか?

ここ最近は30%弱で安定している合格率と、約3~4ヶ月前から受験勉強を始めれば合格
するのは可能だという体験談を鵜呑みにして、試験対策を始めるのを後回しにした挙句、
勉強を始めた直後に試験範囲の広さを実感して、「これはヤバイ」と思って焦りだす人が
少なくありません。

あなたの場合はどうでしょうか?

このため、少しでも長く勉強をして知識を増やさないと合格するのは難しいと思っている
かもしれません。

しかし、単純に勉強時間を増やすだけでは社会福祉士国家試験に合格するのは困難です。

社会福祉士として仕事をする傍ら、専門学校で社会福祉士国家試験の試験対策を指導して
いるという木塚大成さんは、学習時間を増やすだけでなく、効率的な勉強をしないと合格
するのは難しい
と指摘します。

本人の学習能力よりも合否を大きく左右する学習の法則が存在することは意外に知られて
いません。

勉強時間を増やしても合格できなかったのは頭が悪いからといった誤った自己分析をして
次回試験のために更に学習時間を増やして苦しむという人は意外に多いのですが、時間を
増やすのではなく勉強の仕方を変えれば、学習時間を半分以下に減らしても合格するのは
可能
だと木塚さんは言います。

木塚さんは、以下の3つのポイントを抑えて社会福祉士国家試験の勉強を行えば効率良く
試験対策を進めていくことができると指摘します。

  • 試験範囲の中から「大事なポイント」を見つけること
  • そのポイントが大事であるという理由が証明できること
  • 複数の「大事なポイント」を勉強する順番を決められること

そこで、この3つのポイントを1日あれば習得できる教材として木塚さんが作成したのが
科学的な法則を使って社会福祉士の勉強をどこから始めるか1日でわかる方法」です。

参考書などに書いてあるような「必須」「重要」などに振り回されることなく、あなたに
とって「大事なポイント」を自力で見つけられるようになり、効率的な試験勉強が可能

なります。