paperdriver

あなたが最後に乗用車を運転したのはいつですか?

教習所で車を走らせた経験しかないという人もいれば、引っ越しする前は日常生活で車が
欠かせなかったけど、都会に引っ越してからは維持費だけでもバカにならないので、全く
乗っていないという状況かもしれませんね。

しかし、ペーパードライバーになると、久しぶりに車を運転するのが怖いこともあって、
自分で運転するのをついつい先送りにして他の運転手に任せたり、1日数本の不便なバス
や鉄道、高額なタクシーなどを使う状況が続いているかもしれません。

元プロレーサーの近藤恵一さんはペーパードライバーを克服するために高額な費用を費や
して教習所などに通う必要はないと指摘します。

あなたがペーパードライバー向けの講習に支払う費用を車の運転にまわせば、相当な距離
を走れるのだから、独学で十分だというのが近藤さんの考えですが、
とてもじゃないが無理
というのが本音ではないでしょうか。

うまく車に乗り込めるかといったスタート以前の段階から、既に不安や恐怖を感じている
かもしれませんし、物損や人身などの交通事故を起こしたらどうしようとか、しっかりと
道路を走ることができるのか
といった具合に、心配しだしたらキリがないですよね。

かといって、そんな感情は無視して走ればいいというのは無茶な話ですし、論外です。
歩行者信号が青で横断歩道を歩いている人が悪いといった、トンデモ理論を言うような人
でもない限りは無理でしょうし、あなたも当てはまらないでしょう。

しかし、あなたが抱いている不安や恐怖の大半は、具体的なイメージが思い浮かばない事
に対して起こるのであって、知識として知ってしまえば意外に簡単に消え去る
ものです。

車の運転の仕方はもちろんのこと、

  • 事故に遭わないための方法
  • 加害者にならないために行うこと
  • 被害者にならないための動き方

などを知っておくと、他人が起こした事故に巻き込まれるケースは大幅に減らせます。
(渋滞で動けない状況で玉突き事故などを起こされたら逃げようが無いですが)

ペーパードライバーを単に克服するために必要な知識だけでなく、事故のない安全運転を
するためのポイントもあわせて学べるマニュアル
を近藤さんが作成しました。

【続きを開く】