3saidance

幼児教育としては、幼稚園入試を目指すものから情操教育に役立つものまで、さまざまな
種類があります。

その中で、協調性や忍耐強さ、体のバランス感覚を一度に養える方法として、ストリート
ダンス
が良いとアドバイスをするのはダンスインストラクターの「たーきー」さんです。

しかし、ストリートダンスが誕生した経緯を見れば反社会的な思想を育成するだけだし、
まともな大人に育たないから反対などと酷評をする人も居ますが、今では内容的にも洗練
されており、政治的な思想や扇動とは無縁のダンスや音楽が中心です。

ストリートダンスは、一人で行うソロパートとグループで踊るパートとがありますから、
個人技はもちろんのこと、集団で踊った時にも美しく見えるようにするために個々の動き
を意識しながら全体のバランスもあわせる必要があるという点で、幼児教育には最適だと
たーきーさんは言います。

もちろん、ストリートダンスは全身をフル活用しますから、幼児からブレイクダンスなど
行うのは危険だとしても、ヒップホップであれば体を壊す心配もなく取り組めますから、
幼児でも安心です。

しかし、ダンススクールによっては小学生どころか幼児のうちからブレイクダンスなどを
教えるところもありますので、熟練した指導員がエリート教育を施す施設であれば良いと
しても、一般向けでは危険極まりありませんし、首や頭を痛めると一生涯にわたり後遺症
に苦しめられる結果になりかねません。

まともなダンススクールでも、講師一人に受講生が数多くいる状況で指導が行き渡らない
ところが意外に多く、予定していたカリキュラムをこなすだけの単調なレッスンになって
いる場合が多いものです。

そこで、自宅に居ながらにして親子で楽しめる「3才からストリートダンス」というDVD
をたーきーさんが公開していますが、幼児教育としての効果はもちろんのこと、同じよう
に実践している大人の方が、メタボ解消やダイエット(同じか・・・)、禁煙成功や血糖
値の改善といった効果もあった
といいます。

【続きを開く】