sakamoto

(具体的にどうするかは今は考えないとして)全ての動きが対戦相手より1秒遅くなる
いうハンデを与えられたとして、あなたは試合で勝てる自信はありますか?

よほど格下の相手でもない限り、とてもじゃないが無理というのが本音でしょう。

しかし、このような現象が卓球の世界においては「現実の話」として起こっています。

あなたが身につけているのが「古い卓球の技術」であれば、現代卓球を身につけた相手に
対して確実に1秒のハンデを背負って戦うことになる
と指摘をするのは、元卓球日本代表
選手で、現在は「upty卓球ステーション」でアマチュア選手の指導を行っている坂本竜介
さんです。

フォアバンドひとつをとっても、ムダな動きを削ぎ落としてコンパクトになったことで、
従来とは全く異なる技術になったといっても過言ではありません。

もちろん、現時点ではトップクラスの選手しか高速の現代卓球を身につけていない状況で
あるために大きなハンデにはなりませんが、坂本さんはもちろんのこと、着実に指導者や
教材が増えることで普及していきますので、その時になってから身に付ければいいという
考え方では何歩も遅れてしまう結果
になりかねません。

キャッチアップが早ければ、それほど苦労せずに1秒の遅れを取り返せますが、なかなか
気づかないままに試合で負け続けて、日頃の練習も時代遅れの陳腐化した卓球技術という
のでは、どれだけ練習量を増やしたところで試合には勝てなくなるだけです。

そこで、少しでも早い段階で現代的な卓球技術を身につけたほうが、何かにつけて有利な
わけですが、マスターするために難しいスキルや才能が求められるわけではありません。

あなたも学んで練習すれば確実にマスターできるものばかりなのです。
しかし、なかなか学べる機会がないために身につけられないというだけです。

このような状況を改善するべく、坂本さんが「坂本流卓球フォアハンド完全マスター教材
基本編
」というDVDを作成しました。

現代卓球のフォアハンドの基礎を身につけられます。

【続きを開く】