oboe

オーボエに興味があっても、演奏すること自体が難しい上に学べる機会も少ないことから
独学で練習しても上達できずに挫折するといったケースが珍しくありません。

あなたも過去にオーボエ演奏がうまくできずに諦めたことがあったかもしれませんね。

その原因として、オーボエ奏者の佐藤亮一さんは以下の3点をあげています。

  • 息の使い方が独特で混乱しやすい
  • 音程を合わせるのが難しい
  • 指使いが難しい

しかし、いずれの問題においても、正しいオーボエ演奏の知識を身につければ、短期間の
うちに克服できるものばかりであって、その知識を知らないままに反復練習をしていれば
いいという考えで取り組んでいるからこそ、いつまでたっても上達できないだけ
だと指摘
します。

このオーボエに関する正しい知識を学べる機会が少ないことから、演奏できるようになる
まで練習を続けるしかないという発想にならざるをえないわけですね。

そこで、ひたすら練習を続けるという蟻地獄に陥らないように、効率良くオーボエ演奏を
上達するために必要な知識と練習法をまとめた「オーボエの美しい音色を手に入れるため
の上達講座
」を佐藤さんが公開しました。

自宅などで独学で取り組めるようにカリキュラムが構成されています。
感覚的な学習ではなく、しっかりと良い音・悪い音を比較しながら学習を進めていきます
ので、間違えること無く上達できるのです。

なお、「オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座」では、オーボエのリードの
作り方は説明していません
ので注意して下さい。

【続きを開く】