ankikamoku

中学レベルでは、難関高校を受験しようと思わなければ、暗記をすれば定期テストで良い
成績が取れますし、入試で不合格になる可能性は低いでしょう。

というのも、理科の科目では計算問題などもありますが、暗記すれば点数が取れる問題は
少なくありませんし、社会では暗記した分だけ正解できる問題ばかりですから、短期間で
成績を上げたいというのであれば、理科と社会の2科目で知識を増やせばいい
のです。

暗記物は苦手だとか、苦労して覚えたのに一晩寝たら全て忘れてしまうといった人の場合
には、どのようにして覚えていけば良いのでしょうか?

学習塾経営者の新田恒夫さんは、一度覚えて忘れたとしても、そこで諦めること無く何度
でも繰り返して勉強することが記憶を定着させるために欠かせない
と指摘しますが、面倒
な手間を掛けずに1回で完璧に覚えたいという気持ちが強いかもしれませんね。

しかし、人間の記憶メカニズムから考えると、1回で全てを完璧に覚えるというのは無理
な話であって、それこそ生まれつきの才能を持つ天才でない限り、記憶術や暗記術などを
身につけようとしても失敗に終わるだけだと新田さんは指摘します。

結局は、何度も繰り返して同じ知識を繰り返し覚えるしかないわけですが、覚え方を工夫
することで、トータルでの勉強時間を短くすることは可能
です。

特に新田さんが推奨するのが、複数の刺激を同時に与えることで覚えるという方法です。

このように書くと意味がわからないかもしれませんが、簡単にいえばテレビコマーシャル
などのように、目で見て音を聞く、声に出すといったことを同時に行えば、単語帳などで
目だけを使って黙々と覚えるよりも記憶に残りやすい上に忘れにくいというわけです。

そこで、高校受験で必要な理科と社会の知識を効率良く暗記できるように、「高校受験の
暗記科目攻略法
」という教材を新田さんが作成しました。

高校受験の暗記科目攻略法の内容は、以下の動画を見ればひと目でわかるでしょう。

【続きを開く】