boueiidai

防衛医大の入試は毎年10月末から11月頭にかけて行われますが、特に現役の高校3年生に
とっては受験準備ができる期間が短いこともあって、どのような試験対策を行えば良いか
頭を悩ませるものです。

あなたも1次試験が合格しなければ2次試験には進めませんから、まずは択一式と記述式の
試験対策から行うとは思いますが、とりあえず過去問を解きはじめたのは良いとしても、
問題量の多さに悩まされているかもしれません。

また、過去問を一通り解き終えても、それでは、防衛医大に合格するために傾向と対策を
どう行えば良いのか、更に悩む
のではないでしょうか。

医学部専門予備校で教務主任を務めた経験があるという白水一郎さんは、防衛医大の過去
問は択一・記述のどちらも過去2年分で十分
だと言います。

といっても、とりあえず過去問を2年分解けばいいというのではなく、合格者の視点で過去
問を利用する必要がある
と白水さんは指摘します。

この「合格者の視点」がわかるのが、「防衛医科大学校対策講座」というマニュアルです
が、役に立つのは過去問の活用法だけではありません。

もちろん、現役生であれば、高3の2学期で学ぶことを先回りして勉強しておかないと防衛
医大の入試問題では学校で学んでいないことが出題される恐れが出てきますので、夏休み
の間に計画的に勉強を進める必要がありますが、どのように勉強を進めていけばいいのか
困るかもしれません。

そこで、防衛医科大学校対策講座では個別のメールサポートで、あなたにあった学習法が
提案されますので、豊富な経験を持つアドバイスを受けることで安心して取り組めます。

防衛医科大学校対策講座では、1次試験合格後に待ち受ける2次試験対策を音声セミナーと
レジュメで学べますので、短期間でも効率的な試験対策が可能です。

防衛医大入試の2次試験対策を知ることができる機会が貴重なことは、あなたも理解して
いるのではないでしょうか。

【続きを開く】