テニスのダブルスに対して苦手意識を感じていませんか?
あなただけでなく、同じように感じる人は少なくありません。

シングルスだと自分の思い通りにストロークやボレーが出来ても、ダブルスではクロス
の相手とラリーをしている間に相手チームの選手のボレーが割り込んでくるのに気持ち
が削がれるとか、味方チームのペアとの連携がうまくいかず、自分以外が全員敵である
かのように思える
といった経験はありませんか?

シングルスであれば、試合中の全ての責任を追うわけですから、負けたとしても自分が
悪いといえますが、ダブルスの場合はペアとの間で責任転嫁が起こりやすく、イライラ
することが多い点が嫌だと思っているかもしれませんね。

プロテニスプレーヤーの佐藤博康さんは、ダブルスの試合で勝つためには、個人の技術
だけでなく、ペアとのコミュニケーションやコンビネーションが欠かせない
と指摘して
います。

どのようにすれば、試合中に正しい意思疎通ができるようになり、思い通りの試合展開
が行えるようになるのでしょうか。

ダブルスで求められるテクニックを身につけた上で、応用が効く戦術を身につけること
が重要だと佐藤さんは指摘します。

杓子定規に基本的な戦術しかできないというのであれば、相手チームに簡単にバレます
し、対策をされてしまうと簡単に戦術が封じられますので、一方的に相手チームに攻撃
されるばかりの展開になりかねません。

そこで、テニスのダブルスの試合で勝つために何をすればいいのかを具体的に説明した
テニス・ダブルス上達革命」が役立ちます。

ダブルスの試合で求められる基本技術から、ペアとの連携、戦術まで、試合で勝つため
に必要な要素と練習法を知ることが出来ます。

わからないことがあればメールサポートで解決できますので安心して取り組めます。

【続きを開く】