ゴルフでは、ドライバーで300ヤードを飛ばしても、パターで数メートルを転がしても、
「同じ1打」だと言われますが、この数メートルのパッティングでカップインが出来ない
ためにスコアが伸びない
という状況に悩んでいる人は少なくありません。

あなたもグリーン上で苦労しているのではないでしょうか。

せっかく、グリーンオンまで調子よく進めてこれても、グリーンで調子を崩してしまうと
いう結果を繰り返しているかもしれませんね。

グリーン上で3打、4打と打っていると、なかなかスコアアップも出来ませんし、スコア
100切りは夢のまた夢という状況でしょう。

PGAティーチングプロの竹内雄一郎さんは、パットを上達させるには正しい理論、正しい
練習法が必要
と指摘しますが、あなたもパッテイングについて学んで、練習に取り組んで
いても、なかなかスコアアップにつながらないのではないかと思います。

ロングパットでは、距離感をつかむことができずにショートやオーバーを繰り返したり、
ショートパットでも1パットでカップイン出来ずにスコアを崩してしまう

そこで、竹内さんが1日10球の自宅練習で、1ヶ月もすればパッティングが上達できると
いう「ITパッティング理論」を公開しました。

毎日、徹底的に練習する項目は一つだけです。
ゴルフ練習場に行かなくても、自宅でパターマットを使って練習すれば十分です。

1ヶ月後には18ホールでのパター数が30以下におさえられるといったら驚くかもしれま
せん。

【続きを開く】