ソフトボールでピッチングを上達するためには、ボールを投げ込むだけでは不十分です。

ピッチング練習だけでなく筋トレや走り込みなどを行っていても、球威が伸びない、変化球
が身につかないだけでなく、練習をしすぎて体を壊してしまっては意味がありません。

実際に、練習をしすぎて怪我をしたり、故障を繰り返す体質になる選手は少なくありません
し、怪我を治している間は練習ができないだけでなく身体能力も低下しますので、なかなか
上達できないまま、引退せざるを得なくなる状況に追い込まれるケースも出てきます。

ソフトボール上達練習法研究会のかとう由香さんは、ピッチャーの肩は消耗品であるだけで
なく、成長段階にある学生に対して、毎日のように大きな負荷をかける練習を続けていると
肩や腕を壊すリスクが高くなり、選手生命を縮める結果になりかねません。

しかし、ピッチングを上達するために欠かせない指先とリリース時の手首の感覚をマスター
するには自分で身につけるしかないことから、練習量を増やして1日でも早く身につけたい
と思いたくなるものです。

ピッチング練習をしないで上達することは不可能ですから、肩を壊さない程度の負荷で効率
良く上達できるように練習を行う必要がありますが、過度の練習をすることなく身につける
ためには、どうすればいいのでしょうか?

企業球団でソフトボールピッチャーとして活躍し、引退後は鍼灸師、あん摩マッサージ指圧
師の資格を取得し、スポーツトレーナーとして活躍している高夕子さんは、独自のツールを
使うことで、肩を傷めずに指先とリリース時の手首の感覚を上達できる方法を開発すること
に成功
しました。

それが「ソフトボールピッチャー ピッチング強化トータルグッズセット」です。

【続きを開く】