perapera

英単語をたくさん覚えて、英作文もスムーズにできる上、英語の発音もネイティブと同じ
レベルであるのにも関わらず、英会話が苦手という人が意外に多いのです。

ネイティブにコンプレックスを感じているだけの精神的なものだから、慣れれば解決する
問題という指摘もありますが、あがり症や対人恐怖症、内気な性格だから話せないという
以外にも問題が潜んでいます。

それこそ、初対面の人とでも何時間もペラペラ話せるような人であっても、なぜか英会話
だけは苦手
といったケースが少なくありません。

その原因として、英会話講師の石井あきらさんは、聞かれたことに英語で瞬時に答えると
いうのに慣れていない
のが原因だと指摘します。

英語を日本語に直して、その答えを考えて英語で話すといったことを繰り返していると、
その度ごとに会話が止まってしまいますし、なかなかコミュニケーションがとれないから
です。

いちいち日本語に翻訳せずに、英語だけで考えられるようになれれば解決するわけですが
短期間で効率良く訓練する方法として石井さんが提唱しているのが「クエッショニング
です。

一問一答形式で、英語での問いかけに対して日本語を使わずに瞬時に答えるということを
繰り返すわけですが、これは質問の音声があればあなた一人でも取り組めますし、正解か
どうかは二の次ですから、明らかに間違ったことさえ言わなければ文法的におかしな点が
あっても問題ない
という考え方で進めていきます。

もちろん、幼児のように単語だけで答えても上達しませんから、最終的には文章で答える
のがゴールとなりますが、何度も繰り返しているうちに徐々に慣れてきますから、最初は
単語しか思い浮かばなかったとしても心配する必要はありません。

このクエッショニングを使った英会話上達方法を、石井さんは「英語ぺらぺら君」という
教材として公開しています。

1日30分、1ヶ月のトレーニングで日常会話がスムーズにできるようになります。

【続きを開く】