kyoui

>>公開は終了しました<<

テストの成績を上げるには勉強が必要
であることは、改めて指摘するまでもありません。

しかし、勉強時間を伸ばせば全てが解決するというわけではなく、今までの2倍の時間の
勉強をしても、テストの成績は全く上がらなかった
ケースは決して珍しくありません。

その理由は簡単で、勉強の仕方に問題があったからです。

学校の教師や学習塾の講師、家庭教師などは、英語や数学といった科目についての勉強は
教えますが、どのように勉強すれば身につけられるのかといった学習法を教えられる人は
皆無に近い状況です。

あなたも実感しているかもしれません。

その結果、我流で非効率な学習法に取り組んでは時間を浪費しているだけの中学生がいる
一方で、部活動で勉強時間がロクになかったり、いつも遊んでばかりいるように見えても
効率良く勉強しているためにテストの成績は常に上位という優等生もいるわけです。

つまり、テストで良い成績を取りたいと思ったら、勉強を始める前に「正しい勉強法」を
身に付ける必要があります。

特に、成績下位の劣等生であるほど、勉強の仕方に対する意識が低いこともあって、勉強
時間を増やせば成績が良くなるという間違った考え
を持ちがちです。

中学生の頃は偏差値40台という典型的な劣等生だったという大平俊介さんは、正しい学習
方法を運良く教わることができたために、わずか1年で偏差値70台に到達しただけでなく
地元の最難関高校に合格できた
といいます。

そこで勘違いをして遊びほうけたために、大平さんは再び偏差値40台の劣等生にリターン
した挙句に浪人生活に追い込まれたそうですが、そこでようやく目が覚めたというべきか
中学時代の頃のように正しい勉強法を再開したところ、わずか1年で再び偏差値70超えを
連発するようになり、目標としていた医学部に合格できたといいます。

この学習法をあなたもスムーズに身につけられるよう、大平さんが「驚異の高校受験勉強
法マニュアル
」を作成しました。

  • 10時間で偏差値5アップ
  • 30日あれば偏差値10アップ

は十分に実現可能なことが、驚異の高校受験勉強法マニュアルを読めばわかります。

いったん覚えたことを簡単に忘れられないようになれば、自然と成績は上がるからです。