oyawaza

子供が勉強しないからといって説教したり、無理矢理、机まで引っ張っていって勉強する
ように監視し続けたこともあったかもしれませんが、その効果はありましたか?

全くの言っていいほどテストの成績は上がらない上に、少しでも目を離すと遊んでいる
いった状況ではないでしょうか。

テストの成績が悪ければ殴る、勉強をしなければ蹴るといった具合にスパルタ的なムチを
行っても全く改善する兆しも見られなかったり、テストで成績が良ければゲームを買うと
いったアメを与えても効果がないといったところだと思います。

親の頑張りで、子供の成績を上げるための会」というポリシーで運営を行う「成績向上
委員会」主宰者のストロング宮迫さんは、子供の成績を上げるためには親が重要だと指摘
します。

しかし、小学校低学年の内容であればまだしも、中学・高校ともなれば子供に勉強を教え
られるほど賢くもないし無理
だと思って諦めているのではないでしょうか?

もちろん、ストロング宮迫さんは、親が子供に勉強を教えろと言っているわけではなく、
あくまでも「成績が上がる勉強のやり方」を子供に教えるだけで十分だと言います。

子供のヤル気がなければ、勉強をやりたくなるように環境を整えるのが親の役割になると
ストロング宮迫さんは言いますが、ムチで脅したりエサで釣る方法が効果がなかったから
といって諦める必要はありません。

勉強量を増やして身に付けろといった茨の道であれば誰しも嫌がりますが、短時間で効率
良く勉強できるやり方を教えればいいのです。

そんな勉強法なんか知らないとか、自分が学生時代に知っていたら優等生になれたのにと
いった後悔をするかもしれませんが、「親の頑張りで子どもの成績を上げる親技」を読む
ことで、あなたも子供に勉強法やモチベーションをキープするノウハウを教えられます。

【続きを開く】