pcommu

話が相手に通じない
という経験をしたことはありませんか?

相手がクレーマーなどで、コチラの話を全く何も聞こうとしないで、一方的に要求を押し
付けてくるだけといった状況であれば心配する必要は一切ありませんが、普通に話を聞く
人を相手に会話をしても理解されないというのは大いに問題
です。

延々と話をしたのにもかかわらず、
結局、何が言いたいの?
などと言われたらショックではないでしょうか。

このような「話が通じない会話」が日常的になっているのであれば、人間関係も構築する
ことができず、常におかしな方向に誤解されて不利な状態になっているものと思われます。

元アナウンサーでコミュニケーション講師の西村順さんも、かつてはコミュニケーション
能力が極めて低かったことから、意思疎通がうまく行かずにトラブルに巻き込まれたり、
プライベート・ビジネスともに人間関係の構築がうまくいかずに何度も失敗を繰り返した
といいます。

しかし、人間関係を劇的によくするコミュニケーション手段を発見したことで、それ以降
は劇的にコミュニケーションが改善して、誤解されることもなくなれば、話が通じないと
いって無視されたり、嫌がらせを受けることもなくなったと西村さんは言います。

相手に通じるようになるためには「論理的に話せばいい」といった話を聞いたことがある
かもしれませんが、西村さんは「聞き方」が悪ければ意味が無いと指摘します。

西村さんは仕事柄、話が通じないという相談を受けることが多いのですが、「聞く力」が
不足しているためにコミュニケーションに問題を抱えている場合が大半だと指摘します。

聞く力というと傾聴などをイメージするかもしれませんが、自分ではしっかりできている
と思い込んでいるだけで、第三者から見ると落第レベルの全くダメな場合が珍しくない
西村さんは指摘します。

話を聞いている間はうなずいたり、相づちをうって「聞いている」という意思表示をして
いると自慢気に話す人が居ますが、そのような対応に対して話し相手が反感を感じている
といったら驚くのではないでしょうか。

それが相手から持ちかけた話だったりすると、思わず喧嘩でも売っているのかといいたく
なりますが、人間の本能的なはたらきですから必ず起こる感情といってもいいでしょう。

もちろん人間には理性がありますから、口に出して不満を言うのは、よっほどの場合しか
ありませんが、一見良かれとして行っていることが潜在的に相手をイライラさせてしまう
のです。

【続きを開く】