hikyoriup

ヘッドスピードが遅いために飛距離が伸びない
といった悩みを抱えていませんか?

いわゆる「無茶振り」をしてヘッドスピードをあげたところで、コントロールは無茶苦茶
ですから遠くに飛ぶかどうかもわかりませんし、狙った位置にボールを飛ばすなどという
のは神任せ
といっても過言ではありません。

「無茶振り」からコントロールされたスイングに落とし込んでいくという練習方法もあり
ますが、マスターするまでに時間がかかる上に、普段のスイングまで崩してしまうおそれ
もありますから、よほど注意して取り組まないと、かえって逆効果になりかねません。

そこで、PGA所属ティーチングプロの最上位資格として知られる「A級」を取得している
上田栄民さんが、方法論を知ってしまえば、明日どころか今日からでもヘッドスピードが
数キロ程度であれば簡単に上げられる方法
を教えてくれます。

多くとも8球程度練習すればマスターできますから、その日のうちから使えると言っても
誇大広告には当たらないでしょう。(笑)

当然ながら、ボールコントロールが十分に行えるという前提ですから、現在よりも遠くの
狙った位置にボールを落とせるようになる
というわけです。

方向性と飛距離は二者択一ではなく、ある程度の範囲であれば両方狙えるのです。

その上、ゴルフ初心者であっても簡単にマスターできるといったら、あなたも実践したく
なるのではないでしょうか?

上田さんがヘッドスピードを上げるために必要なポイントとして指摘するのは以下の3点
です。

  • 正しいスイング軸
  • ヘッドスピードを上げるコツ
  • 正しい腕の使い方

あなたも「方向性を失わない飛距離アップ」を見れば自宅で理解できますし、次回の練習
やラウンドから効果を実感できます。

【続きを開く】