bimoji

字を書くのが汚いので、何か文章を書く必要がある時は、たとえ大したことがない長さで
あっても、パソコンやスマホからプリントをしたり、メールやSNSなどで済ませているの
ではないでしょうか?

その一方、冠婚葬祭をはじめとして手書きから逃れられないケースも少なくありませんが
毎回のように後悔をしながらも、小学校の頃のように漢字帳などを使って繰り返し練習を
したり、書道教室やペン字教室に通ったり、通信講座でペン字を学んでも全く文字の汚さ
は改善しなかった
という経験があるかもしれません。

一生、綺麗な文字を書くのは無理
だと思って諦めているかもしれませんね。

しかし、書道家の坂本幸一さんが提唱する方法を実践すると、とりあえず2秒あれば他人
に見せても恥ずかしくない文字を書けるようになりますし、1日1時間の練習で1週間後に
は(内容は別として)他人に自慢できる文字が書けるようになります。

あなたが今まで取り組んできたと思われる練習法を行っても、汚い文字が全く改善できな
かった理由として、坂本さんは「お手本を猿まねするだけの練習には限界があるから」
と指摘します。

そうではなく、文字を美しく書くためのポイントを学んで実践すれば、今すぐにでも改善
できるようになると坂本さんは言いますし、実際に今まで文字の汚さにコンプレックスを
抱いていた数多くの人が短期間のうちに美しい文字を書けるようになりました。

この文字を美しく書くためのポイントを自宅に居ながらにして学べるのが「美文字の流儀
です。

いつになったら上達できるのかもわからないようなペン字教室などに通って、月謝などを
無駄遣いする必要はありません。

【続きを開く】