pitcherperformance

野球ピッチャーの多くが悩むのが肩と肘の調子ではないでしょうか。
これらの調子が悪くなると球速やコントロールに悪影響が出るからです。

練習するとだるさや疲れを感じるのは当然としても、痛みを感じるようになったり、休息
をとっても疲れが取れずに重さを感じる状態が続くようになると怪我や故障の原因になり
かねません。

故障癖がつくと無理がきかなくなりますし、選手生命を縮めたり、これ以上野球を続ける
ことが不可能となる場合も出てきます。

しかし、プロ野球であればまだしも、少年野球や野球部などの場合、専属のトレーナーが
いるチームのほうが珍しいですし、体を壊そうがお構いなしに練習量が多いほうが優れて
いるといった価値観も指導者の中では根強い上、レギュラー争いなども考えると体調管理
を一人で行うのは難しい
と言わざるを得ません。

広島市中区にある「Mac’s Trainer Room」代表でパーソナルトレーナーの高島誠さんは
高校生の時に怪我をして野球を続けることができなくなった経験がありますが、高島さん
と同じ悲しい経験をする野球少年が一人でも減るようにと、日々の治療や施術だけでなく
野球肩・肘専門の教室を運営するなどして啓発活動や予防措置などの指導を行っていると
言います。

痛みを感じる場所を解消するのはもちろんですが、ケガに強い体作りをすることが重要
高島さんは言います。

怪我に強い身体にするためには、体の使い方や姿勢を適切にする必要がありますが多くの
ピッチャーは不適切な状況のままで投球を続けているケースが多いのです。

この状態が続けば無理がたたって故障を誘発することは間違いないのですが、誰も指摘を
しないことから、全く気づかない状態が続くことになりかねません。

そこで、高島さんが野球少年から学生野球にかけて、ピッチャーが自宅でも適切な予防・
対策が行える
ように「投手パフォーマンスライン」というDVDを作成しました。

今よりもパフォーマンスを上げることができる上に、身体への負担は小さくなります。

【続きを開く】