nativespeak

英語圏のネイティブが英語の発音をするときの口の動きや息の吐き方などを再現できれば
あなたも日本語訛りのない「美しい英語発音」ができると考えたことはありませんか?

そのための発音記号じゃないのかと思った人もいるかもしれません。

しかし、発音記号に書かれたとおりに英語を発音しても、ネイティブ相手に全く通じない
ことも決して珍しくありません。

その理由は簡単で、リエゾンや息の使い方などが全く反映されていないからです。
外国人が話す日本語において、あなたが何とか理解できるのと全くわからないという差が
出るのと同じです。

それ以前の話として、発音記号の通りに発声していると自分では思っていても、実際には
全く違う
といったケースも少なくありません。

正しい口や舌の動かし方がわかっているつもりになっていただけで、実際は間違っている
場合も多いからです。

しかし、どのように口や舌などを動かせば良いのかを確認したくても、実際に会話をして
いる最中のネイティブの口の中の動きを見ることは不可能ですから、確認しようがない

いうところですよね。

この問題を解決するべく、アメリカ人言語学者のスコットペリーさんがコンピュータグラ
フィックを用いて口の中の動きを再現することに成功
しました。

この独自の発音トレーニングメソッド「Scott Perry Tongue Position」を用いること
で、あなたも無理なく英語の発音を短期間で上達することが可能となります。

そこで役立つのが「ネイティブスピーク」です。

口の動かし方はもちろんのこと、リエゾンや息の使い方なども練習することで、1日20分
のトレーニングで2ヶ月後にはネイティブと変わらない発音が可能になります。

【続きを開く】