yosimotoiron

ゴルフ初心者は7番アイアンを使ってスイング練習をすればいいという話を聞いたことが
あると思います。

ゴルフの入門書や初心者向けの雑誌、Webサイトなどで必ずと言っていいほど見かけます
から、あなたも既に練習したことがあるかもしれませんね。

7番アイアンを使う理由としては、ドライバーからウェッジまで数多くあるゴルフクラブ
のうち、ちょうど中間の長さであるという点や、何も考えなくても自然と正しいアドレス
ができるといった具合に説明されていると思います。

しかし、7番アイアンで満足できるスイングができるようになったからといって、すぐに
ドライバーやウェッジでも同じようにスイングできるわけがありません
し、同じアイアン
でも他のクラブでは思い通りにボールを飛ばせないというケースは珍しくありません。

全てのクラブに通用するスイングフォームを身につけようと思っていても、知らず知らず
のうちに7番アイアンでしか通用しないスイングになっては意味が無いのです。

ゴルフコーチの吉本巧さんはスイングの動きを4800箇所以上にわたって分析することで
たとえゴルフの才能が全くない人であっても上達できるという独自の「吉本理論」を構築
しています。

ティーチングプロなどの指導でありがちな目の前の問題を解決するだけの小手先の弥縫策
ではなく、それらの問題が生じる根本原因から解決できる根本的な対策が取れます。

アイアンにおいては、吉本さんは以下の打法を編み出しています。

  • 1軸左肩打法
  • 2モーションバックスイング打法
  • ダウンブロー打法

その結果、スイングのロスがなく思い通りの場所にボールが落とせるようになるのです。

【続きを開く】