softdraw

ティーショットをはじめとして、ボールを打つとスライスになる上に飛距離も伸びない
いった悩みを抱えていませんか?

飛ばない上にボールは曲がると言うことで、フェアウェイもなかなかキープできずに苦労
しているかもしれませんね。

レッスンプロの吉本巧さんは、スライスが解消できないのはダウンスイングの際にクラブ
ヘッドがアウトサイドから下りていることが原因
だと指摘します。

そこで、ダウンスイングを改善することでアウトサイドにならないように練習するという
のが一般的なティーチングプロなどが行う指導法ですが、どれだけ練習したところで改善
するのは無理な話だと吉本さんは言います。

そうではなく、クラブヘッドがインサイドから下りてくるようなスイングができればいい
のであって、無理にアウトサイドを矯正をしようとするよりも簡単に実現できるといえば
驚くかもしれません。

このクラブヘッドがインサイドから下りてくるスイングができるようになるために、吉本
さんは独自の「吉本理論 ソフトドロー打法」を考案しています。

ソフトドローボールというのは、限りなくストレートに近いドローボールのことであって
推進力のあるボールが打てるようになり、飛距離が伸びるのはもちろんのこと、スイング
自体も乱れることが少なくなることから、狙った位置にボールを落とせるようになるわけ
です。

このソフトドロー打法を身につけるための方法をまとめたのが「吉本理論 ソフトドロー
打法の基礎
」ですが、ドローボールが打てるシンプルで合理的なスイングを短期間のうち
にマスターすることができます。

【続きを開く】