socialdance

社交ダンスでリズムをうまくつかめずに、パートナーとの息が合わないという状況が続いて
いませんか?

アマチュア競技会でも半分近くの参加者はリズムが合わずにズレているという状況ですから
社交ダンス自体が成り立たないほどにずれていないかぎりは心配する必要はないとしても、
きれいに踊りたいのであればリズムのあったダンスができるようになる必要があります。

商業インストラクター1級で社交ダンスを東京恵比寿のダンススクールで教えているという
菅原眞由さんは、リズムやステップを思い通りに合わせられないという悩みを解決するのは
意外に簡単な上に、あなた一人で自宅などで手軽に練習するだけで十分
だと言います。

その社交ダンス練習法を学べるのが「社交ダンスのリズム練習法」ですが、全くの未経験者
であったとしても心配する必要はありません。

1日10分間、「社交ダンスのリズム練習法」を見て練習するだけで十分だからです。
あなた一人の練習でも十分に成果を出すことができます。

「社交ダンスのリズム練習法」は、ブルース、ワルツ、ジルバ、ルンバ(キューバンルンバ)
と一通り、リズムやステップの説明と練習法を菅原さんが説明しますので、DVD動画を見た
後は空き時間を使って練習することで、徐々に上達していることを実感できます。

リズムがうまく取れないという悩みも、いつの間にか消えています。

個人差や練習時間によっても変わってきますが、1ヶ月も続けていれば、スムーズにダンス
ができるようになっていることに驚くのではないでしょうか?

【続きを開く】