finalenglish

英会話の勉強法として、数えきれないほどの手法が提案されており、その方法に対応した
教材も山のように存在しています。

あなたも今までに、いろいろな英会話学習法を実践したり、英会話スクールで学んできた
かもしれません。

しかし、期待したほどの成果が得られずに挫折したのではないでしょうか?

その原因として「日本語訛りの英語」つまり「英語の発音」が不適切なためだと指摘する
のはOfficeトップクラスの並木健太郎さんです。

正しく英語の発音が理解できていなければ、どれだけ英語の音を聞いたところであなたの
脳内では「雑音」としか感じませんから、それこそ右から左に音が流れていくだけで全く
聞き取れませんし、自分では英語ぽい発音で会話をしたつもりになっていても、相手から
すれば日本語訛りがひどくて聞き取れないという結果になるだけです。

そこで役立つのがフィリピン政府高等教育委員会許認可の英語学校で正式教材として採用
されている30日間英会話速習プログラム「Final English」です。

「Final English」は以下の6ステップから構成されています。

  • 英会話を習得するための筋道・順番を理解する
  • 英会話に必要な体作りを行う
  • 英語の音素を身につけるための発音練習を行う
  • 英単語・英文の発音やリズム感を身につける
  • 英文フレーズや語彙インプット・アウトプットを大量に繰り返す
  • 時間的緊張をかけた実践練習でスムーズな会話ができるようになる

その結果、1ヶ月後にネイティブに通じる英語が話せるようになるというわけです。

途中で挫折しないようにアフターフォローが継続的に行われるのも嬉しいですね。
どうしても、独学の場合、ちょっとしたきっかけで挫折しかねません。

【続きを開く】