makechampion

現代のテニスにおいては、ストロークが重要なポイントになっています。

従来のようにボレーでポイントを稼ごうと思っていると、強烈なリターンを返されて失点
を重ねるだけという結果になることも珍しくありません。

現代のテニスは、スピンのかかった強烈なストロークで、ベースラインで激しく打ち合い
相手のオープンコートに打ち込んでフィニッシュするという流れに持ち込まないと、中々
試合で勝つことは出来ません。

そのためにはストロークが必要不可欠だというわけですが、あなたもいろいろと研究して
試行錯誤を重ねても、なかなか成果が出ない
のではないでしょうか。

自分の打っているボールに変化が見られない状況に頭を悩ませているのではないかと思い
ます。

そこで、世界ナンバーワンプレイヤーを8名、トップ10プレイヤーを26名育成してきたと
いう、世界トップレベルのテニスコーチのゲイブ・ハラミロさんの教える方法を活用して
あなたも現代テニスで通用するストロークを身につけたくありませんか?

世界トップレベルの指導というと、学ぶ側にも相当なスキルや知識がないと無理だと考え
がちですが、ゲイブ・ハラミロさんの指導法は、それこそ、今日テニスを始めたばかりの
初心者でも無理なく実践できるほどに分かりやすい
内容です。

具体的には、グリップから始まり、構え、動きだしからフットワーク、打った後の動きと
いう具合に、ストロークを16種類のステップに分解した上で、ドリルをこなす感覚で順番
に進めていくことで、誰でもマスターできるように構成されています。

この手の話では必ずと言っていいほどネタにされる長嶋茂雄元監督のように(多分に誇張
されているきらいはありますが)シュッとかパッとかいう感覚的で曖昧な言葉ではなく、
ゲイブ・ハラミロさんの指導はシンプルで具体的なので迷うことがありません。

【続きを開く】