softcatcher

ソフトボールでは基本的に盗塁を警戒する必要はありませんが、キャッチャーの仕事と
して求められるのは野球と同じ
だと考えたほうが良いでしょう。

つまり、バッターごとに配球を考えた上でピッチャーに指示を出すのはもちろんのこと
内野や外野の守備位置などの調整を監督やコーチなどと連携しながら行いますし、本塁
の守備も必要な仕事であることは言うまでもありません。

プロ野球のような明示的なコリジョンルールはソフトボールにはありませんが、怪我を
させるために体当たりをするといった悪質な場合には審判が守備妨害を宣告してアウト
にしたり、体当たりを仕掛けたランナーを退場にするといったケースもあります。

このため、ソフトボールのキャッチャーを育成するには日頃の練習だけでなく、数多く
の知識を身につけさせる必要があるわけですが、具体的に日々の練習で何をすればいい
のか分からない
という指導者も少なくありません。

あなたもキャッチャー指導に苦労しているのではないでしょうか。

キャッチャー経験のある指導者でも、選手時代にまともに学んだ経験がないと難しいと
感じますから、ピッチャーであればまだしも、内野や外野の守備をしていたという経験
しかなければ、難しく感じるのは当然でしょう。

そこで役立つのが「組島流キャッチャー育成パッケージ」です。

ソフトボール元日本代表のキャッチャーで、デンソー女子ソフトボール部監督を務めた
後に、現在は生誕地である佐伯中央病院ソフトボール部監督を務める組島千登美さんが
選手時代と指導者としての経験と知識をもとにして、全くのキャッチャー未経験者でも
的確な指導ができるように「教えるポイント」をまとめたDVD動画教材
です。

キャッチャーの基本はもちろんのこと、選手間の連係プレーやキャッチャーだけに必要
な技術を身につけるためのトレーニング、さらには、ピッチャーの調子が悪くても相手
チームを打ち取るためのインサイドワークなどを教えられるようになります。

もちろん、キャッチャー自身が自ら成長するために組島流キャッチャー育成パッケージ
を使っても全く問題ありません。

【続きを開く】