eigochobun

大学入試で点差が広がりやすいのが英語長文です。

センター試験でも、最後の英語長文問題までたどりつけずに、適当にマークをしても正解
することはできませんし、最初に長文問題から解こうとしても問題文を読むだけで時間が
かかってしまい、結局は適当に解答して不正解という結果になりがちです。

難関大学の英語長文問題では、先に問題を読んでも、問題文を読む参考にさえならないと
いったケースは珍しくありませんから、短時間で効率良く読むために長文を毎日のように
読み続けたり、単語を暗記するといった作業を続けている
のではないでしょうか。

あなたもパラグラフリーディングを実践しているかもしれませんが、英文の理解が正確に
できなければ意味が無い
と指摘をするのは、中学・高校で指導を行った後、現在は学習塾
で指導をしている英語教師の増尾恵国さんです。

英文の読み方を間違っていると、パラグラフリーディングを実践したところで正確に把握
することができずに、必ずと言っていいほどにズレが生じてくるのです。

このズレによって間違った解答をして不正解になるといったケースが珍しくありません。

そこで、増尾さんが長年にわたって英語を教えてきた実績と経験を元にして、英語長文で
必要となる「英語の正しい読み方」を3ヶ月でマスターできる在宅教材
を作成しました。

それが「英語長文読解講座」です。

英語長文読解講座を受講するにあたっては高校2年終了レベルの英語力が必要ですが、今
の英語のレベルに関係なく、難関大学の入試問題に通用するレベルまで高めることが可能
となります。

【続きを開く】