chess

「ヤフーチャット万歳」と叫んだ連続通り魔がいましたが、その犯罪者が任意同行を求め
られた際に叫んだ「チェックメイト」という言葉はチェス用語です。

しかし、チェックメイトは相手を追い詰めた側が使う「勝利宣言」で、追い詰められた側
が言う言葉ではありませんが、刑事が言うわけがありませんから、自ら負けたという意味
合いだったのではないかと推測されています。

もちろん、チェスでは負けた方がチェックメイトなどと悔し紛れに叫ぶことはありません
し、普通はリザインとか、負けましたなどと言って素直に敗北を認めるものです。

さて、チェスのルールは図書館や書店においてある入門書や、愛好者などが作成したWeb
サイトを見ればわかるとしても、チェスの試合での勝ち方となると、なかなか簡単に手に
入らない
ものです。

チェスの定跡を暗記するのは定番ですし、あなたも過去の対戦記録などを見て参考にして
いるとは思いますが、なかなか上達した実感が味わえないのではないでしょうか?

定跡通りに試合が進むことは滅多にありませんし、相手にいいように振り回された挙句に
負けるといった状況が続いてウップンが溜まっているかもしれません。

そこで役立つのが「初心者が0から始めるチェス上達プログラム」です。
タイトルだけを見るとチェス入門書と間違えるかもしれません。

もちろん、チェスのルールといった入門書的な内容も含まれていますが、重要なポイント
としてあげられるのは、チェスの試合で勝つために必要な「試合の流れを掴む力」を身に
つけられるという点です。

特に試合の序盤で有利な状況をつくりあげられなければ、中盤以降で逆転するのは難しく
なりますし、いつものように一方的に押しまくられてチェックメイトリザインという結果
になるだけです。

「初心者が0から始めるチェス上達プログラム」はチェス全日本チャンピオンの小島慎也
さんが、チェス未経験者でも試合の流れを掴む力を身につけられるようにカリキュラムが
構成されています。

【続きを開く】