ronbun

司法試験や不動産鑑定士試験、税理士試験や公認会計士試験などの超難関資格試験では、
暗記をしないといけない項目が膨大なだけでなく、難易度の低い資格試験のように過去問
や問題集を暗記するほど解いたところで合格するのは不可能
です。

インプットが終わらない状況でアウトプットだけを取り組んだどころで、全く頭の中には
残らないからです。

そこで、効率良くインプットを済ませるために記憶術や暗記術などを活用しようと考える
人もいるわけですが、選択を間違えると時間を大きくロスする結果になりかねません。

提唱者しか実践できないような暗記法や記憶術は論外だとしても、一般的に用いられる事
の多いイメージングによる方法だと、超難関資格試験では珍しくもない長々とした文章を
丸暗記するのには不都合が少なくありません。

法律の条文などはイメージ化すること自体が難しい上に、だいたい覚えていればいい内容
をイメージするのは比較的簡単でも、一文字でも変わってしまうと意味が全く異なる場合
も珍しくない法律や専門用語などをイメージするのは不可能に近いでしょう。

これが100ページ程度であればまだしも、司法試験であれば六法全書に加えて判例集など
も覚える必要がありますから、よほどイメージングが得意な人でない限りは破綻するのは
目に見えているのです。

そこで、「さくら電子出版社」代表の小野たかひとさんは、論文式試験専用記憶術を活用
して、超難関資格試験に合格するために必要となる、莫大な量の知識を効率良く覚えれば
いい
とアドバイスします。

100円ショップでも買えるようなグッズを用意するだけで十分です。
どれだけ難解な文章であっても数分あれば記憶できるようになります。

その上、論文式試験特有のアウトプット練習法を身に付ければ、試験当日にインプットの
完成度が8割程度であったとしても合格できるようになります。

【続きを開く】