takkensi

>>公開は終了しました<<

宅建士試験に合格するためには、全くの未経験者でも最短250時間、平均350時間程度は
必要だと言われています。

単純計算で、1日1時間勉強する場合には1年近くかかることになりますね。

しかし、井真井アカデミー代表の井真井秀樹さんは19日間あれば宅建士試験に合格する
ために必要な知識を身に付けることは可能
だといいます。

もちろん、350時間を19日で割って、1日18時間半勉強すればいいといった現実離れした
話をしているわけではありません。

1日最長3時間の勉強で19日間ですから、合計しても最大57時間という短さです。
これを実現するのが「宅地建物取引士試験 超短期合格講座」です。

どうして、「宅地建物取引士試験 超短期合格講座」で学べば、こんな短時間の勉強でも
合格できるレベルまで到達できるのでしょうか?

結論をいえば、井真井アカデミー独自の

  • ウルトラスーパーテキスト(Iノート)
  • SPM問題集

があるからです。

どちらも過去の出題傾向を分析して、次回の宅建士試験でも出題が予想される分野を中心
に最小限の勉強で合格ラインを越えられるようにカリキュラムが構成されています。

なお、IノートやSPM問題集を使うにあたってはWordとExcelが必要になります。

紙に印刷して使うと学習効率が悪化しますので、基本的にはパソコンを使って試験勉強を
進めるというイメージで取り組んで下さい。

6時間20分の音声解説もついていますので、移動中や外出先などでパソコンが使えない時
に音声を聞くと効果的です。