heiho

>>公開は終了しました<<

軟式野球は硬式野球と違って守備側に有利だと言われています。
その原因は軟式ボールは飛びにくいという1点に尽きるでしょう。

2014年の高校軟式野球大会で、延長50回にようやく決着したというゲームがありました
が、1点を取ることが非常に難しいのが軟式野球の特徴であって、選手個人の実力は重要
としても、それと同時に、どのように相手チームの守備を崩していくのかといった戦術や
戦略も重要
になってきます。

この程度の話であれば、軟式野球の本を何冊か読んでいれば書いてあることばかりですが
サラリーマン生活の傍ら、複数の軟式草野球チームで監督や選手として活躍しているため
週末は忙しい生活を送っているという田原孝太郎さんは、軟式野球の特徴を最大限にまで
活かしているチームが意外に少ない
と指摘します。

硬式野球とは違い、軟式野球であれば弱小チームが強豪チームに勝つことも十分可能です
が、そのためには戦術や戦略をあらゆる局面で行使できるようにならないと難しいと田原
さんは言います。

机上の空論ではなく試合で使えるレベルの「野球の勝ち方・戦術」を学べる機会というの
が意外に少ないことは、あなたも既に気づいているのではないでしょうか?

そこで、田原さんが今まで蓄積してきた豊富な選手・指導経験をもとに、軟式野球の試合
で勝つために必要な戦術や戦略をまとめたマニュアル「軟式野球の兵法」を作成しました。

打たないと点にならないという先入観は間違いだとわかりますし、好投手が相手だと打線
が沈黙してしまうといった状況を改善するためのコツもわかるようになります。