safeinet

コンピュータウイルスに感染すると被害をうけるだけでなく、別のサイバー犯罪の加害者に
なる可能性がある
というのは非常に厄介な話です。

実際に2012年に発生したPC不正操作事件では、4名が無実の罪で誤認逮捕されていますし、
警察の捜査が相変わらず自白強要を主体とした杜撰なものである上にサイバー犯罪に対する
あまりの知識の低さに、IT専門家からは呆れを通り越して戦慄さえ覚えたといいます。

この事件では真犯人が逮捕されて実刑判決を受けていますが、インターネットを使っている
だけで無実の罪で逮捕されるというのは恐ろしいものではないでしょうか。

前科持ちであればなれたものかもしれませんが、無事故無犯罪で過ごしてきて逮捕となると
その後の人生や生活設計が根底から潰れてしまうことも珍しくありませんので、正しい知識
を身につけた上で適切な行動を行う必要
があります。

消費者庁や警察などがインターネットの正しい使い方をまとめたパンフレット等を配布して
いますが、犯罪抑止や情報流出など、内容的に限定されたものであって、すべてを網羅した
ような内容にはなっていません。

そこでサイバーセキュリティを正しく理解した上で、不適切な行動を取らずに済ませられる
ようにするために役立つのが「インターネット安全活用ガイド」です。

ITセキュリティの専門家が推奨する方法では実生活に悪影響が出たり、とてもじゃないけど
実践できないような方法も珍しくありません。

そこで、インターネット安全活用ガイドではインターネットを安全に利用するための方法を
数多くのケースをもとに具体的にわかりやすく教えています。

【続きを開く】