program

>>公開は終了しました<<

IT企業はどこもかしこもデスマーチが続いていて、毎日、誰かが死んでいるというのが
常識のように思われています。

もちろん、すべて事実ですから、あえて新卒採用で寿命を縮めるような選択肢に近寄る
必要もありませんが、あえて指摘をするとすれば「どこもかしこもデスマーチ」という
のは間違い
ですね。

「IT企業」と一つにくくるのには範囲が広すぎるからです。

1日1時間程度の労働で月1000万円以上を稼いでいる糞アフィカスもIT企業社長ですし
パッケージソフトやスマホアプリなどの開発現場の場合は、ある程度は計画的に仕事を
進められますから、忙しい時期はあっても常に睡眠時間を削って働き続ける必要はあり
ません。

むしろ、企業システムの開発や保守などで客先の企業などに常駐したり、システム新規
構築プロジェクトなどに参加したり、新規開拓などの仕事につくと、あなたのイメージ
通りのブラック企業を実体験できます。(笑)

また、正社員と技術派遣とでも扱いは変わります。

一般派遣と違って技術派遣の場合は使い捨てされること自体は変わらないとしても、
お前の代わりはいくらでもいるんだ!
などと、派遣先の正社員に偉そうに言われて捨てられる可能性は低いですね。

派遣というから軽く見られがちですが、技術派遣は職人と考えると分かりやすく、人手
不足が慢性化していますから、交代要員が簡単に見つからない場合も少なくありません。

報酬も時給換算で数千円は簡単にいけますし、年収1000万円を超える派遣エンジニア
も少なくありません。

ブラックIT企業でサービス残業続きでも月収15万円にも届かず、その上、給料遅延が
恒常化しているといった状況と比べると雲泥の差ですね。

ろくなスキルもないままに技術派遣をしていると罵倒されても当然ですが、しっかりと
した技術力があれば、派遣先の企業からしても嫌がらせのような扱いをして逃げられる
方が損失になりますから、正社員からも丁寧に扱ってもらえるものです。

なお、ブラックになるかどうかは派遣先の仕事内容によりますが、あなたが判断すれば
いいわけですし、自宅で仕事をすることも可能ですから、在宅業務の仕事だけを選ぶと
いった柔軟性もあります。