hidari

ソフトボールにおいて左打者が有利
という話を聞いたことがあるかもしれません。

その理由として、ソフトボール上達練習法研究会の加藤由香さんは、日本リーグにおいて
打撃トップ選手の大半が左打者だというデータと、打つ際に腰が右に回転しているために
スタートが早く切れるだけでなく、一塁に近いという左打者のメリット
をあげています。

走りながらボールを打つスラップやセーフティーバントなどもホームベースの分だけ遠く
の位置からスタートする右打者と比べると、左打者の方が圧倒的に有利なことが知られて
います。

このため、左利きだから左打者を選ぶというだけでなく、右利きであるのにも関わらず、
攻撃面でのメリットを受け取りたいがために、あえて左打者になるというケースも増えて
いるわけです。

左利きであれば、左打者でも違和感を感じることはないでしょうが、右利きだと感覚的に
違和感を感じて、思い通りに練習できずに苦労するケースが珍しくありません。

しばらく練習を続けていれば体が慣れるということで、素振りや打撃練習をとにかく反復
するという練習メニューが一般的ですが、ただでさえ時間がかかる上に、左打者への転向
に失敗する可能性
も十分にありうるわけです。

そこで、右打者から左打者へ転向するのはもちろんのこと、元から左打者だが伸び悩んで
いるという人であっても効率良く上達できる練習法と必要な知識が身につけられる教材を
加藤さんと、「キャプテン今泉」こと、元ソフトボール選手の今泉早智さんが共同で作成
しました。

それが「安打を量産する「左打者」育成法」です。

全くのソフトボール未経験者でも基礎からステップアップできますから心配ありません。

【続きを開く】