boiler

2級ボイラー技士」は資格試験の中でも簡単な方だと言われており、合格率は50%台で
たまに40%台や60%台になるという程度で安定しています。

ビルメン4点セット」の一角として取得しておきたい資格ではないでしょうか。

もちろん、2級ボイラー技士が簡単な方の資格試験だからといっても、試験勉強をせずに
合格できるほどには甘くありませんが、基本的には過去問を丸暗記する程度の勉強で十分
ですから、試験対策に手慣れた優等生以上にとっては楽勝でしょう。

計算問題が苦手であれば、全て捨てても配点的に合格するのは可能です。

ボイラー業務未経験者でも15時間、30時間程度の勉強で合格する人がいる一方、100時間
以上勉強しても不合格だったという人もいるという具合に極端な違いが出ます。

この違いとして、勉強法自体が間違っている可能性が高いです。

2級ボイラー技士試験が過去問が何度も繰り返し出題される試験だと知らないのは論外だと
しても、学校の定期テスト対策と同じように教科書を開いて重要なポイントにラインを引い
たり、サブノートを作って要点をまとめるような勉強法では無駄に時間を費やすだけです。

最初に書いたように、全問正解できるようになるまで機械的に過去問を繰り返し解くだけで
十分
なのです。

通信講座や講習会、セミナー等に参加する必要はありません。

なお、ボイラー業務未経験者向けに、一般社団法人日本ボイラ協会が主催して3日間の日程
で開催される「ボイラー実技講習」は合格後に2級ボイラー技士免許を交付するための要件
として必要になります。(実務や学校でボイラーを学んでいればボイラー実技講習は不要)

しかし、過去問を解いていても、よくわからない項目が見つかると教本や参考書などで確認
するといったことを繰り返していると、普通に勉強しているのと変わらなくなる
わけです。

過去問はやったけど全然覚えていない
という悲惨な結末を迎える結果になりかねません。

そこで役だつのが、2級ボイラー技士試験「過去問合格ノート」勉強法です。
合格するために必要な効率良く知識を覚えられますから、2級ボイラー技士試験2週間前から
勉強を始めても十分間に合うのです。

【続きを開く】