pst2

日本有数のドラコンプレイヤーとして知られる安楽拓也さんのスイング理論がさらに進化
しました。

それが「Perfect Swing Theory2」です。

安楽さんといえば「足踏み打法」が有名ですが、左、右、左と下半身の体重を移動させる
スイング理論や肩や腰の動かし方などといった具合に、さまざまなポイントが有る一方、
アマチュアゴルファーが真似をするには難しい面があるのも事実です。

そこで、「Perfect Swing Theory2」では、前作の「Perfect Swing Theory」で十分に
説明していなかった部分の補足説明だけに限らず、改めてゼロから説明し直しているため
「Perfect Swing Theory」を全く知らなかったとしても心配はいりません。

また、「Perfect Swing Theory2」では、新たに辿り着いた飛ばしの進化論も収録されて
います。

  • 肩が下がる
  • 手打ちが解消しない
  • 体重が乗らない
  • 腰が回らない

などといった悩みを最短5分、遅くとも2時間以内に解消できると安楽さんは言います。

練習をしないと身につけられないようなものではなく、今の問題点を改善するだけで簡単
に50ヤード程度は飛距離を伸ばせるようになる
というわけです。

もちろん、あなたが2時間後に、ティーショットでスライバーで400ヤード超のスイングが
できるなどとデタラメなことを吹き込むつもりはありませんが、3つのポイントを知るだけ
でも、今までのゴルフとは全く違った世界を実感できます。

【続きを開く】