tinpun

>>公開は終了しました<<

あなたは中国語の知識を既に身につけている
といっても、あなたが中国語の勉強をしたことがなければ、知っているわけがないだろと
思ったのではないでしょうか?

「漢字」のことを知っているのかと思ったかもしれませんね。

しかし、日本でお馴染みのナショナルフラッグである「全日空」が、中国語では「一日中
空っぽ」という意味だというチャイナジョークは聞いたことがあるかもしれません。

このように、同じ単語でも日本語と中国語で全く異なる意味になることは少なくないため
ほとんど当てにしないほうが良い
というのが一般的です。

日本で一番あやしい中国語講座「チンプンカンプン」代表の「ドラゴンならちゃん」こと
楢崎宣夫さんは、自らも経験した失敗から、以下のような勘違いとしてはいけないと指摘
します。

  • リスニング練習をすれば中国語が聞き取れる
  • 単語と文法を覚えれば中国語が話せる

それよりも「中国語会話をするための脳の使い方」を身につけるほうが重要だと楢崎さん
は指摘します。

会話をするためには話す・聞くの両方のスキルが必要ですが、中国語の本質を確実に理解
した上で「話す練習」から始める必要があります。

というのも、簡単な内容であっても自分の頭で考えて話すことで中国語に対する違和感が
なくなっていくだけでなく、適切な方法で練習をすれば発音も改善されていきますので、
自然とリスニングの能力も向上するというわけです。

単に聞き続けるだけで効果が得られないのは、頭の中に中国語脳ができないからです。
単語や文法を覚えても、使いこなせなければ意味がありません。

日本で一番あやしい「チンプンカンプン」中国語学習法を使って、あなたも中国語会話を
上達させませんか?