gakushu

早ければ、小学校の時期からテストの成績で上下差が広がっていきますが、あなたの子供
が劣等生だと、中学校以降のことを考えて、ついつい憂鬱になる
のではないでしょうか?

学業不振に陥っている小学生・中学生のうち、何%かは学習障害が原因だと指摘するのは
鹿児島県薩摩川内市にある個別指導学習塾「学太郎」の岡田誠塾長です。

学習障害は「障害」という言葉から根本的な欠陥があるようなイメージが持ちがちですが
知的障害のように知的発達が全般的に遅れているというわけではなく、一部に問題がある
だけであって、その他の部分は全く問題がないケースがほとんど
です。

この学習障害は治せないものだといった間違った考え方が広まっていますが、岡田さんは
独自のアプローチをとることで学習障害を改善するのは可能だといいます。

「独自のアプローチ」といっても、特殊な教材や高価な道具を使うわけではなく、日常的
に行える方法で学習障害を改善していくことが可能
だと岡田さんは言います。

具体的には、「知識」「学習」「行動」という3種類のコンセプトになりますが、この中
の一つでもかけてしまうとうまくいかなくなる可能性が高まります。

つまり、あなたが学習障害に関する正確な知識・認識を学んだ上で、お子さんの協力者と
して、間違った指示や不適切な誹謗中傷などからの防波堤になったり、適切な学習トレー
ニングを行うことで学習障害を改善しながら、定期的にチェック・フィードバックを行う
ことで動機付けを促していく必要があるわけです。

これらのアプローチを具体的にまとめたのが「学習障害なんかに負けない方法」です。
DVD3枚組、合計3時間31分32秒かけて分かりやすく具体的に説明しています。

「学習障害なんかに負けない方法」の実践者は次々と成果を出しています。

【続きを開く】