badgame

バドミントンの試合で、シングルスであれば勝てるのに、ダブルスの試合は初戦敗退
いった状況が続いていませんか?

どうして、ダブルスの試合だと勝てなくなるのでしょうか?

ペアとの相性が悪いからだと責任転嫁をしているかもしれませんし、練習をしていても
息のあったコンビーネーションプレイが中々出来ないと悩んでいるかもしれません。

その原因として、京都市にある「原谷バドミントン村」で村長を務める木村和美さんは
サーブ」と「レシーブ」という、一見すると当たり前のように思える2つのポイント
をあげています。

それだったら、サーブとレシーブの練習さえしていればダブルスの試合で勝てるのかと
思うかもしれません。

全く何も考えずにサーブをしたり、飛んできた羽根を打ち返すだけであれば練習をする
意味はありますが、ただ数をこなせば上達するというものでもありません。

(シングルスでも当てはまりますが)ダブルスで勝つためには「ゲームの開始から点を
取りにいく試合
」をする必要があるからだと木村さんは指摘します。

ダブルスで悩むことが多いのがポジションングの問題だと思いますが、事前にいろいろ
と考えていたとしても、ラリーが続くと崩れてしまってチームプレイができなくなる
いう状況ではないでしょうか。

そこで、木村さんは2つの判断基準しか存在しない10種類のローテーション戦術を駆使
することで、ラリーが続いても混乱することなくチームプレイが継続出来るだけでなく
有利な形でゲームを進めていけるようになる
といいます。

このローテーション戦術を3枚組のDVDで、自宅に居ながらにして対面指導で木村さん
から学べる感覚で身につけられるのが「バドミントンゲーム戦術」です。

【続きを開く】