masutercommu

あなたは内気な性格で、口下手・会話ベタなためにコミュニケーションに対する苦手意識
を持っていませんか?

あなたも口下手を解消するための会話術が書かれた書籍やWebサイトを参考にしたことが
あるかもしれません。

会話下手を克服した元口下手な人が教えるメソッド
などと書かれてあると、自分も同じように口下手を解消できるのではないかと期待をして
実践したくなるのではないでしょうか。

しかし、会社経営者でNPO法人代表の馬場法孝さんは、この手のマニュアルに対して猛烈
な違和感
を感じたといいます。

馬場さんは口下手でもなければコミュニケーションに悩んだことが一度もない一般的な人
ですが、経営者として必要なトークテクニックを身につけるために会話上達に関する書籍
を買い集めた結果、「会話下手を克服した元口下手な~」といったマニュアルを見つけて
バカバカしく感じたといいます。

といっても、口下手な人を見下すといった悪い意味ではなく、書籍の内容を見て、こんな
中身で会話が上達できるわけがないし、本質から外れていることばかりで「知識オタク」
を満足させることばかりに終止している
と指摘します。

馬場さんは、小手先の会話テクニックよりも、苦手意識をなくして楽しく会話するために
必要な要素を身につけたほうが良いと指摘しますが、苦手意識を生み出す過去の失敗体験
を覆すだけの鮮明な成功体験が必要
なことから、負のスパイラルから抜け出せない状況で
さまよっている限りは脱出することは不可能なのです。

といっても、今まで失敗経験しか無いからこそトラウマになっているのであって、ここで
成功経験を積み重ねろと言っても無理な話だと思うのが自然な発想でしょう。

会話が苦手なら、何も考えずに会話の中に飛び込め!
と言われても、それができれば口下手で悩んでいないと反論したくなりますよね。

そこで、馬場さんは最初に不安や恐怖の原因となる「無知」を解消するところから始める
必要があると指摘します。

人間というのは本能的に知らないことに対して恐怖や不安を感じる生き物だからです。

【続きを開く】